ヒアルロン酸でアンチエイジング

はじめに

ここ数年一日一回は“ヒアルロン酸”という言葉をテレビCMや雑誌でよく見ますね。

特に美容関連の商品に「ヒアルロン酸配合」という言葉がよく並んでいます。
女性層には「ヒアルロン酸配合」というキャッチコピーがまるで魔法の言葉のようにキーワードとして有効なようです。

特に2000年代前半に流行した爆発的ブームが終わり、今やヒアルロン酸は、美容商品としては世間から一般的に認知された成分として定着するに至っています。

また、健康食品としても数多くの商品が発売され、ただし、このヒアルロン酸がどういう仕組みで美容や健康にいい結果をもたらすのかに詳しい人は意外に少ないようです。
ぱっと見は体に良い成分というのはわかるのですが、いったいどのような物質なのでしょうか??
このサイトではヒアルロン酸に関する様々な知識を集合させてみました。
ヒアルロン酸のことが気になったらぜひご一読いただきたいと思います。

まずはヒアルロン酸の成り立ちから

意外!ヒアルロン酸はこんなところにも効果的!

ヒアルロン酸の効果というと、まず第一に思い浮かぶのがお肌への効果ですよね。年齢を重ねるごとに保水力が低下し、乾燥しがちになっていく肌に塗布することによって潤いが与えられます。また、体に必要な栄養素を各部位に効率よく運ぶという働きもありますね。

ただし、ヒアルロン酸はそれだけの働きではありません。他にも意外な箇所で思わぬ働きをしているのです。

健康的な毛髪を維持する

ヒアルロン酸の特徴である保水力は肌に影響するだけではありません。その上に生える髪の毛にも効果があります。髪の黒い部分は毛幹と呼ばれていて定期的にヘアサイクルによって生え変わりをしており、その年数は6年とも7年とも言われています。しかしその間に紫外線や内的な体のバランスの影響で当然痛む髪の毛も出てきますよね。

そんな時にヒアルロン酸の出番です。髪の毛も実はタンパク質で組成されており、そのタンパク質の隙間にヒアルロン酸が入り込むことで、水分を保持し、潤いを持たせることができます。最近薄毛で悩む方も増えてきていますね。もしかすると薄毛やハゲの原因の一つには髪の保水力が弱まって保水力が足りないのかもしれません。実はネットで販売されている高級育毛剤にも発毛させる成分と共に、ヒアルロン酸がこっそりと注入されている場合があります。その育毛剤の詳しい成分組成について詳しく知りたい方はこちらを見て調べてくださいね!

目の緊張をほぐす

高い保水性を活かしたヒアルロンさはなんと目にも良いらしいです。代表的な緩和症状はドライアイ。乾いた眼球の表面に潤いと衝撃の吸収効果があるそうです。目というとなんだかコワイ気もしますが、意外にも目にとって異物ではなく、市販の目薬にも添加されていることが多いですね。

 

いかがでしょうか?決して肌だけに限らず様々な部位に働くヒアルロン酸って面白い物質だと思いませんか?興味があればさらに詳しくヒアルロン酸について解説していますの下のリンクから順番に御覧ください。

まずはヒアルロン酸の成り立ちから

ヒアルロン酸の活用事例