前へ
次へ

教育の仕方は人によって異なる

教育は学校に任せているという家庭も多いことでしょう。しかし最近は裕福になってきていることもあり、各家

more

学校教育だけでは英語は身につけられない

小学校の頃から英語の授業が展開されている日本でも、そればかりを頼っているのでは、物足りなくなってしま

more

自分を高めてくれる教育とは

よく言われる言葉ですが、やらされる勉強や練習では意味がありません。教育とは自主性を含めてですし、自ら

more

幼児教育は何歳から始めるべきか

教育は何歳から始めたら良いか迷うものです。最近では0歳どころからお腹にいる時から始める人もいるので、周りが始めていると不安に感じることもあるかもしれません。たしかに早い方が良いかもしれませんが、合ったものでなければ親の自己満足で終わってしまいます。「三つ子の魂百まで」というように、3歳まではとても重要になります。しかし、周りに流されて、良いと言われるものを手あたり次第にしても本当に子供のためになるかと言えば難しいところです。そうならないためにも、子供にどんな教育をしたいか。どう育てたいかをまずは考えましょう。もちろん、成長していくうちに子供はやりたいことが出てくるので、それを伸ばしてあげることも大切です。そのやりたいことが見つかるために、まずは種を撒いてあげるのが親の仕事なのです。環境によっては撒いた種と全然違うことに興味を持つかもしれませんが、その環境作りも親次第です。たくさんの人や物に触れ、出かける機会がある子は、それだけ多くのことを知ることができます。もちろん、忙しくて出かけられなかったり、時間やお金がなくても図書館や公園と身近なところにたくさん種はあります。0歳であれば、外に散歩に出かけるだけでなく、本を読んだり語りかけるだけでも変わるのです。会話ができないとはいっても、コミュニケーションはとても重要で、子供の成長に大きく関わります。また、手に触れたり、口に入れたりとおもちゃも重要です。

https://kempeneenglish.jp/

デイリーコールで英語を学ぼう
忘れない英語学習「毎日英会話」をご提供しています

話す訓練にも繋がる語学講座

Page Top